お問い合わせ

食べる

 

越前がに

越前がにの説明

越前がにの季節

越前がに…11月上旬から3月末
せいこがに…11月上旬から1月中旬

おいしい越前がにの食べ方

おいしい越前がにの食べ方のご紹介です。

かに

かに

生みそのついた甲羅を裏返し、かにの足をのせて火で加熱すると、甲羅や殻がだんだん赤くなり、かにの足の身が殻からプクッと膨れてくる。かに味噌はぐつぐつと沸騰しながら黒く変色していく。越前かに
加熱中に甲羅に穴が開かないように注意。かに足は、外は焦げ目、中は少し生程度がおいしい。 かに身を味噌につけて味わうもよし。お酒好きな方は甲羅酒もおすすめ。

茹でがに

茹でがに

かにの大きさや目方によって変わる茹で時間と塩加減のみのこの料理は、素材のよさが最も強調され、かにのおいしさを一番堪能できます。
絶妙なおいしさの茹でがには、酢につけるのもよし。
もちろんそのままの味を楽しむのもよし。

おいしい「越前がに」ゆで方の紹介

①ご自宅で生のかにをゆでる場合、まずかにが動かなくなるまで流水につけてください。動かなくなりましたら、タワシで軽くこすってください。次にかにが十分に収まる鍋にたっぷりのお湯を沸かします。充分に沸騰したら、1リットルの水に対して大さじ4~5杯程度の塩を溶かし、甲羅を下にしてかにを入れます。

茹でがに 手順1

茹でがに 手順2

②かにを入れたら落し蓋(お皿でも代用できます)をしてください。一旦お湯の温度が下がりますので、再度沸騰した状態から約20分間ゆでてください。(ゆで時間はかにのサイズにより若干異なります)ゆであがりましたら、アクをとるため水洗いしてください。

かに鍋

かに鍋

かにの旨みがたっぷりでている出汁で作る鍋。
あわせる野菜や具材・調理法はいろいろあるが、最後のお楽しみはかに雑炊で決まり!!

はす

かに刺し

かにの足を冷水にさらすと花が咲いたようになる「かにの花」。頬張るとプリプリとした食感と繊細な甘みが広がる。鮮度が命の料理。

おいしい「越前がに」が食べられるところ

http://www1.vipa.ne.jp/~kouno/tt_top.htm

河野観光協会