木ノ芽峠(北陸道)

木ノ芽峠は、福井県を嶺北・嶺南に分ける地であり、平安初期の天長7年(830)木ノ芽越えの新しい道=北陸道が開削されました。峠への登坂には、今もすりへった石畳の道が残り、往時の様子が偲ばれます。峠には茅葺き屋根の茶屋前川家、道元禅師碑、周辺には言奈地蔵堂や戦国時代の城の跡がいくつも残っています。

カテゴリ
歴史

その他の情報

住所

福井県南条郡南越前町板取

近くの観光スポット

鉢伏山

今庄365スキー場

今庄365温泉やすらぎ

板取宿

日本でここだけの燻し製法!今庄特産「つるし柿」づくり☆

山中トンネル

山中峠(最古の北陸道)

今庄そば道場

藤倉山・鍋倉山

そば打ち体験(今庄そば道場)

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する