湯尾峠・孫嫡子神社

湯尾と今庄の間、東の三ヶ所山と西の八ヶ所山の鞍部にあった標高約200mの峠。江戸期には峠の頂上に4軒の茶屋があって、にぎやかに商売を営み、また疱瘡(ほうそう)の神を祀る孫嫡子神社の御守札を配布していました。現在、家跡の石垣から当時が偲ばれます。国名勝「おくのほそ道の風景地」(2021年指定)

カテゴリ
歴史

その他の情報

住所

福井県南条郡南越前町湯尾(地図のピンは登山口を示しています)

近くの観光スポット

おばちゃんの店

日野川・鮎釣り

料理旅館 川端屋

歴史ある廃線跡と豊かな自然を満喫する!~サイクリングの旅~

京藤甚五郎家

鉄道・JR北陸本線

堀口酒造

今庄まちなみ情報館(今庄駅)

今庄宿

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する