下長谷(しもはせ)の洞窟

甲楽城には「建武四年 後醍醐天皇の皇太子恒良をかくし奉る所、蕉木浦は此なり」と 名勝記に記されている下長谷の洞窟があります。延元二年 金ケ崎城落城の際に気比神宮の神官が、春宮恒良親王を小舟に乗せてここまで渡り、洞窟の中にかくまったと伝えられています。この洞窟は、長い年月をかけて少しずつ波が岩を削りできた海食洞で、入り口は広く奥は狭くなっています。最奥部には彫字があるといわれ、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

カテゴリ
歴史

その他の情報

住所

福井県南条郡南越前町甲楽城

近くの観光スポット

甲楽城売店

甲楽城海水浴場

河野シーサイド温泉ゆうばえ

山本商店

旅館 ふじ乃

もりや

キャビン

お食事処 あらいそ

料理旅館 清海館

体験ダイビング

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する